該当件数

0 0 0 0

商品カテゴリーから探す

キーワードから探す

該当件数 0

該当件数0 条件を変更する

環境機器

ゴミ圧縮機シリーズ

大量のゴミの処理にお困りではありませんか?

「生産で出るゴミ処理費用が大幅にかかっている」
「指定ゴミ袋が導入され、一気にコストが上がってしまった」
「工場が狭いので、ゴミ保管スペースを減らしたい」
「ISO14001でゴミ削減が大きな課題となっている」

場所をとる嵩張るゴミをつぶしてまとめて運びやすい形にすることで、処理・保管・運搬にかかる様々なコストを削減したり、環境負荷の低減にも貢献できるのが、廃棄物圧縮減容機→『ゴミ圧縮機』です。

ゴミ圧縮機の主な用途は廃プラスチック・紙・段ボール・袋類・ペットボトル・プラスチック容器などつぶれるが元に戻ってしまうゴミを圧縮梱包します。

  1. 1 かさばるゴミをつぶして運搬・保管しやすいカタチに

    大量のゴミを圧縮して結束ヒモでしばったり、数袋分のゴミを1袋のゴミ袋にまとめたりするなど、かさばるゴミを運搬・保管しやすいカタチにまとめます。

  2. 2 様々なゴミを圧縮減容

    廃プラスチック・紙・段ボール・袋類・ペットボトル・プラスチック容器・飲料缶・一斗缶・ペール缶など、さまざまなゴミの圧縮減容に対応します。

  3. 3 豊富なバリエーション

    強力な電動式・電動油圧式の物から手軽な手動式や店舗に設置できるコンパクトサイズの物まで、豊富なバリエーションの中から、お客様に最適な1台をご提案差し上げます。

1ゴミの収集・運搬コストの削減

トラックのゴミ収集回数を減らす

ゴミを圧縮することで、ゴミ収集回数を減らし、収集・運搬コストを削減します。
例えばトラック5台分/月の廃棄物を排出している場合、減容化により容積が1/5になればトラックも1台で済みます。
コスト試算すると例えば1ヵ月に10万円(2万円×5台)の処理費用が発生していた場合、トラックが1台になり、差し引き毎月8万円、年間96万のコストメリットが生まれる計算になります。

また、トラックを呼ぶ回数が減ることにより、トラックが出すCO2削減にもつながるので、環境負荷軽減にも貢献できます。

2指定ゴミ袋のコスト削減

指定ごみ袋の使用量を減らす

事業系一般廃棄物の制度強化に伴い、「指定ごみ袋制度」「プリペイド式ごみ袋制度」を導入する市町村が増えています。

主な目的は住民、事業者、行政が一体となって、ごみの削減、リサイクルの推進に取り組み、ごみを出す事業者の処理責任を再認識させるためとしています。例えば、神戸市の場合、指定ごみ袋(90リットル)1袋 169円、ゴミ回収費 1袋 288円、ゴミ1袋の処理費用は合計457円もかかります。

この様な制度のごみ処理費用は重量(重さ)ではなく、「容積換算」にてカウントすることになりますので、コスト削減には、いかにして指定ゴミ袋の量を減らすかがカギとなります。そこで、ゴミ圧縮機を使用することで、ゴミの容積を減らし、指定ごみ袋の使用量を減らします。具体的には下記の様にコスト削減することが可能です。

【ゴミ圧縮機使用前】

指定ゴミ袋費(1日):169円 × 5袋 = 845円
ゴミ回収費(1日):288円 ×5袋 = 1,440円
1日合計:2,285円 
1年間(365日):834,025円

↓ゴミを5分の1に圧縮 指定ゴミ袋費 (1日):169円 × 1袋 = 169円
ゴミ回収費(1日):288円 ×1袋 = 288円
1日合計:457円 

1年間(365日):166,805円 年間 約670,000円のコストダウン。
機種によっては約1年程度で本体導入費用の償却も可能です。

3スペースの有効活用

ゴミの圧縮減容化を行った場合、保管スペースの節減が図れます。
嵩張るゴミですぐいっぱいになってしまうゴミ置場やバックヤードも圧縮減容により有効活用出来ます。

特にゴミ庫からゴミが溢れると不衛生でイメージダウンにつながるファストフード店やコンビニエンスストア、大型ショッピングセンターなどで威力を発揮します。

4デモ体験可能

大阪と東京にて圧縮機(パワープレスシリーズ)の圧縮デモ体験可能!! 驚きの効果をお試しください。 ご希望の際はお気軽にお問合せください。

まずはお気軽にご相談ください。
お見積りのご依頼もお気軽にお申し付けください。

資料請求・お見積り依頼